六華 銀花 SAKURA舞う 3

旅行記、時々不思議なお話

とある7月のプラム狩り

シャトー勝沼では、美味しいワインを試飲して

暑い中、離れたパン屋さんまで歩いたけど、あんまり種類はなかったです

ランチは四季の香りさん

富士山は見えなかった気がしますが、こだわりの無添加食材のお店です

チキンの香草焼きをいただきました

貴重な高級プラムの貴陽は桃位の大きさ!!!

海外では皮ごと食べるらしいが、酸っぱいので爪でむきむき

5,6個は食べました

皮に編み目状の模様があるのが熟れていて甘いんだって

紅いのよりも薄桃色の方が甘かった気がします

自分で狩ったプラムの2個はお土産でもらえ、あとは買い取りになります

これだけで1000円ちょい位でしたよ

地元では花火大会だったので、ちょっとだけ道端でみました

最近ちょっとショックだったのは、宇宙人インタビューをみたことかな

やはり次元の低い星に来るためには、魂が本当の姿だから

厳しい環境に耐えられるボディを宇宙服みたいに選んでくるのね

大体爬虫類型ボディが多いけど・・・

未来から来る地球人もそんなボディに精神だけ移してタイムワープしてくる

まあ、何年か前にアバターでも明かされたけど

宇宙人が言うには、地球は次元が低いから佐渡島扱いなんだって

地球意識をあげるために移住してきた勇気ある移民者魂が暮らしているとこに

手に負えない凶悪魂を次々と不法投棄して、それらが出てこれないように閉じ込める

そこに善良な移民者らも一緒になって閉じ込められ、まさに地獄状態

凶悪魂達は永遠に地球からでれないから、自分達の楽園にしようとやりたい放題

エゴを振りかざして自分以外の存在を従わせようとする

善良な魂たちは魂が本当の自分だってことを思い出せないように操作されて

地球から上がろうとしても、「修行だよ!使命だよ!魂の鍛錬さ!!」と

いう罠にはまって、前世を忘れてまた初めから苦しみのやり直し

そこを記憶を失わない凶悪悪魔が待ち構え蹂躙していく

魂を磨くために苦しまないとだめとか、使命をはたせないのはクズ!!とか

凶悪魂にあてはまる法律?なのに、なぜか善良な移民者に押し付けられて・・・

そんなわけで、ピラミッドの小さな女の子魂のときに

もっと上にあがりたいと銀河縁まで飛んでって、すごい上の魂2集団に出会って

地球でもっと修業しないとあの中に入れないと罠にはまって

地球に逆戻りしてしまったことを後悔してしまうのであった。

山中湖に生息する噂の青いKABAに遭遇!!!

 

お盆に山梨県へ行ってきました~~

行きはやはり渋滞してましたが、帰りはすいすいでした

リゾートテラス、フジヤマダイニングでランチしましたが写真データが消えた

新しい携帯で初写真だったから???   謎・・・・・・・・・

ちなみにローストビーフひもかわうどんのグラタン、いろいろサラダと

どこでもやってるジェリー系デザートしか記憶にない

水陸両用KABAバスは、ディズニ~のアトラクションののりです~~

窓はビニールカーテン

おにーさんの号令で出発~~~

ミストが出まくります

おにーさんの号令で、のりのりのおじさま、おばさまがた

山中湖に降りる道は狭くてでこぼこしている野道です

湖面に突進していくバス

お約束の水ジャバーーーーーーーーーーーん!!!!!!!

濡れまくりですよ

静かに入っていけば濡れないんじゃね?

山中湖はとってもきれい

野生でない白鳥を放し飼いにしてるそう

しかしバスが沈んだらこわいわね・・・・・・

釣りをする人、足漕ぎ白鳥ボートを必死で漕ぐ人、ウインドサーフイン教室

モーターボート、水上バイク、そして湖を囲んだテントの群れと

沢山の人が来て楽しんでいました

台風の影響か青い空でしたが、富士山は入道雲で見えませんでした

KABA船長がご挨拶に回ってきます

帰りは穏やかに湖面の斜面を登って、水バシャーーーンはありません

天皇献上菓子の店、金多留満に寄ります

お土産買う暇がなかったので、みんな高いお菓子を買いまくってました

隣の美術館は、私が大好きなワチフィールドのダヤンでした

でも観る暇なし・・・・・・

午前中観光予定だった天然記念物である鳴沢風穴を見学します

近づくと洞窟から5度の冷たい風がきて気持ちいい!!!

昔は蝋燭や松明だったから電球がありがたいね

蚕の卵や植物の種を保管してたそう

漫画の「7SEEDO」みたいですな~~

風穴見学はすぐにできたのに、氷穴が2時間待ちという情報が入りました

すでに17時なのに、そんな遅くまでやっているの?

真っ暗な洞窟なのに???

19時まで並ぶか、キャンセルして帰るかということになり

200円返金されて帰ることになりました

帰りは渋滞なかったけれど、予定より2時間くらい遅れて帰宅しました

氷穴を体感できなかったのは残念だけど、大谷石記念館があるから

まあいいかな・・・・・・

にゃるこ2日目

2日目のランチは牡蠣を食べに行こうということになりました

このあいだ松島で牡蠣を食べたので気仙沼か塩釜にします

塩釜の方が近そうなので高速で仙台方面に戻り1時間半くらいで着きました

ご飯を買って市場をめぐり自分仕様の海鮮丼を作ることができますが

朝ごはんをいっぱい食べたので無料焼き場で買ったものを焼くことにしました

ウニは2個で1000円だったかな? 

甘くておいしいウニでした

ホタテとエビがセットで売られていて生で食べられるということでしたが

焼くことにしました

自分でも焼くことができますがお金を出して焼いてもらうことにしました

半生で焼いてもらいます

牡蠣は2種類を買って食べ比べました

 塩釜にある栄太郎本店に行き生どら焼きを買いました

 今日のお宿は鳴子温泉湯元吉祥です

予約するのが遅くて一番安い和室しかとれなかったのですが

1階の特別室が空いていて2人で5000円でグレードアップができるということで

お部屋を変えてもらいました

ネットで満室でも大手の旅行会社が抑えていて捌ききれなかったのかな?

12畳位の広い和室があり5人位寝れそう

和室に水鉢がついています

冷蔵庫の水や鳴子ビールや甘酒は無料です

和室の他にベッドが置いてある寝室があって広いクローゼットもあります

 シャワー室もありますが使う必要がないので贅沢ですね~~

おトイレも素敵です

洗面所は2人で使えるようになっていて

やはり大人数で泊まれる部屋だからかタオルが使い放題ですね

この他に和室のクローゼットにお風呂巡り用で

タオルとバスタオルが入った藤カゴが4つありました(てことは4人部屋かな)

そして庭園が見える素敵なお風呂がついています

鳴子独特の白や緑に見えるお湯がずっと流れていて

2人で入れる広さがあります

難をいえば脱衣かごがないため床に脱ぎ捨てるしかありません 

もしくはこの素敵な椅子に置くか・・・・・・

この椅子がとても素敵すぎまして

ひとつしかないので取り合いになりましたよ

となりのちっこい子供用?の椅子はいらないから2つ置いてほしいな・・・

和室を出て右側が寝室で左に洗面所があります 

 外には露天風呂の建物と離れがある庭園が見えます

浴衣は売店横で選択することができ、お部屋には作務衣が置いてあります

無料の飲み物が置いてある喫茶室でゆったりできます

朝はヤクルトが氷の入れ物に入って置いてあります

ホテルの隣に露天風呂の建物があり5部屋の露天風呂は

空いていれば自由に入ることができます

まず1個め・・・・・

ちゃんと別に洗い場もついています

外はすぐ池になっていて池の中の小島みたい

2個めの露天風呂

中に洗い場がありました

3,4個めも同じ造りなので全部入る必要はなさそうですね

1番広い露天風呂は岩風呂になっていました

 各露天風呂が空いていなくても大きなテーブルがあって

無料の飲み物とアイスがあるのでゆったりと待っていられます

夕食のブッフェは部屋ごとに個室のように区切られたテーブル席で

他の客に気兼ねなく過ごせるようになっています

ブッフェの他に4種類の前菜と食前酒が自動的に運ばれてきます

和洋折衷のブッフェは海鮮が多く肉料理は牛たん位です

全体的にしょっぱいんですけれど・・・・

牛たんもそうだけど付いているキャベツの漬物とか茶碗蒸しとか・・・

一番おいしかったのは天ぷらですね

あとシャコ飯がめずらしかったけどシャコの味はなかった

デザートは美味しかったです

お部屋に帰り自分達で豆をひいて素敵なカップでコーヒーを入れました

もしかして・・・冷蔵庫のアルカリイオン水はコーヒー用なのかな?

朝食です

フレンチトーストが液を吸っていなくてパサパサでした

あとやっぱり全体的にしょっぱい・・・

クルミ餅とずんだ餅は美味しかったです

おばさんが餅屋でバイトしてるんだけど社長が怒鳴りまくる人なんだって

餅の食べ放題を始めたらしいですね

朝のデザートも美味しかったです

またまたいろいろ買ってしまったシソ巻き

よく母がシソを育てて作ってましたけれど

鍋に味噌と砂糖と好みでゴマとかクルミとか入れて

火にかけて練りながら小麦粉をたして好みの固さにします

シソにのっけてくるくる巻いて油で揚げます

あとお菓子とかサクランボとかいろいろ

こけしクッキーは見本と違ってクッキーの絵がシュールすぎました

おかずになるお土産

伊達の牛たん本舗は従姉妹にもらったお土産で

中身はシチューとかカレーでした

当日しかもたない栗だんごは18時にはトロトロみたらしの部分が固まってました

チンしてみましたがやはりトロトロにはなりませんでしたね

丸ごとの栗の甘露煮がつきたてのお餅でくるまれています

それなので当日しかもたないのです

まだあったかい出来立てを食べるとほんとに美味しいの~~~

 

 

にゃるこへ行ってきました

鳴子温泉に行ってきました

綺麗な飼い猫の目撃高し! にゃるこ化しておりましたぞよ。

しかし、高速で5時間以上の運転はきつい

前回オービスにひっかかりまして~~、福島県警から呼び出しをくらいました

免停、6万の罰金と裁判所への呼び出し・・・・・

てなわけで、びくびく運転でごじゃった

横をびゅんびゅん150キロで飛ばしていく車ばかりであおられますな~~

それからトラック多くて追い越し車線に入ってくるから

ブレーキ率高くて危ないでごじゃるよ

福島あたりは下り坂多くてスピードでるので気を付けるのでごじゃるよ?

菅生インターで牛たん食べようと思ったら11時からだったため

仙台市泉のプレミアムアウトレットでいただきました

友達が食べた牛たん丼   お麩がのってます。

その後バーゲンで火がつきまして帽子とかお洋服を買ってしまいました

「それ昭和ですよ~~」と友達に笑われたのが若い子がかわいいーっ!!と

言っていて、レトロなものがはやっているのかしら?

仙台からにゃるこまでは古川で高速を降りて1時間半くらいでした

共同風呂の滝の湯の隣にあるゆさや旅館へお泊りです

ネット予約した時に満室状態で1階のお部屋を予約しましたが

2階が開いているから同料金でどうぞと言われました

今日は私達ともう一部屋しかお客がいないんだって

きっと大手の旅行会社で部屋をおさえていたけど予約が入らなかったのかな

にゃるこでは藤かごにお風呂セットを入れるのが流行っているみたい

今日は女性が3人だけなので大きい方の内風呂です

ぬるぬるしたうなぎ湯ですね

5角形のお風呂のほうは白濁しています。湯の花は黒いです

 坂道を登っていくと露天風呂もあります

隣の滝の湯はゆさやに泊まると無料で入れます

しかし滝の湯は熱すぎて入れず打たせ湯だけになりました

夕食はお部屋でいただきますがお膳できましたよ

食べたことがないすっぽん懐石にしました

友達は一気飲みしたけれど、すっぽんの生き血は無理でした~~

玉ねぎのスープだったかな?

ゆさや推しのバーニャカウダです。ソースは味噌と豆腐入り

この多肉植物は昔スーパーで買って葉さししたらいっぱい増えてしまいましたが

あんまり美味しくないので家では食べていません

他はうに豆腐といぶりがっこと蒸しほやとワラビです

中居の佐々木さんが指を突っ込みそうにしながら熱心にメニュー説明してくれました

お刺身の海藻が違うものに見えたらしく「鹿肉です」と言ってましたが・・・・

アユの塩焼きやジュンサイ、エビのしんじょ

すっぽん鍋です

すっぽんは生姜と下茹でしてあって臭みがなくぷるぷるでした

食感はアンコウや鮭の頭のコラーゲン部分みたい

ポン酢で食べますが酢がきつかったです

稚鮎の天ぷら

生姜ご飯はいつも小食の友達が爆食いしていました

デザートもとても美味しかったです

トイレは共同でお部屋にはありません

眠れなかったので何回も行っちゃった

朝は7時に起きて内風呂へ入りました

ご飯を8時半にしたので8時にお布団を片付けに来ました

昔は中居さんに心づけを渡したみたいですが海外だと1,2ドルだし・・・・

日本だと1000円以上包むんでしょ?

でもそういうことをするのは難しいかな

朝ごはんです

佐々木さんが「豆腐サラダと・・・・ふつうのサラダです」って言ったのが

ツボにはまりました~~

最後はにゃるこの水道水がコーヒーを美味しくする水ということで

珈琲がでてきますよ

佐々木さんたちの御見送りが満面笑顔でいつまでも手を振ってくれるので

ナビを入れている暇がありませんでした

また来たいですね

奥能登グルメ紀行4

連泊ホテルの朝食ブッフェメニューは同じなので

1日目に美味しかったものだけをチョイスしました

3日間で一番ひどい雨でした

能登金剛遊覧船クルーズですが、まさかの漁船・・・・?

運転するおじさまがかっこよかったです

出発するで~~~~!!!

 一番の見どころの巌門です

もっと小舟でないと岩をくぐれないそう

船着き場に戻ってから、徒歩で巌門の裏側に降ります

 雨の中でも素敵な景色

振り返ると降りてきた階段がみえますが、足が悪い人は大変ですね 

ここからまた階段で上に戻ります

 今度はヤセの断崖に向かいます

下を覗くとやせる思いをするからではなくて、土地がやせているからだと

地元の方が言っていました

松本清張ゼロの焦点の撮影場所でも有名です

ゼロの焦点はまさかの主人公の投身自殺で終わるそう

その映画が公開された年は18人がここから飛び降りているんだって

 

自殺防止の看板とかベンチとかあるらしいが見かけなかった

大体死んでも魂がほんとの私なんだから体がなくなるだけ

今までのことも忘れることなく意識だけでとどまり何十年もそのままで

苦しむことになるので、生きて時間が過ぎることを(卒業とか)待つか

環境を変える(逃げるのもありだよ)ほうが幸せです

だってどうせいつかは死ぬんだから

一番は死ぬ勇気があるなら、生き続けて仕返しとか復讐したほうがええ

ひとつひとつの人生は魂のバーチャルゲームみたいなもの

映画館で人生が映画で見ているのが魂

スクリーンの自分はほんとの自分ではなくて見ている魂がほんとの自分

でもほんとうは映画館をでた外から見ている自分がほんとの自分なんだけど

ひとつひとつの映画の悲しみや苦しみに執着して同一化していると

ほんとうの自分を見失って悪霊と同じ

何十年、何百年とその時間の感情にとらわれ続け地獄となる

牢獄からの脱出は俯瞰を身に着けることなのかな

 

今度は義経の船隠しに向かいます

 

義経一行は東北方面に逃げる前にわざわざ能登までやってきます
平家で島流しにした貴族の娘が側室だったので実家へ送り届けるために。
その平家の貴族が力があるので逃げやすいように一筆いただきにきたとも言ってました台風を避けるためだとか追ってから身を隠すためだとかで
船を潜めるために逃げ込んだ場所伝説が能登のあちこちにあるそう

 

 

 

船で海を越えて逃げるということは支援者が沢山いたんだなと思います
弁慶と2人だけで逃げたわけではないのですね~

頼朝と義経はどちらが魂的におもしろかったのだろうか

 今の人生は魂の自分が選んだキャラなので

何があっても責任は自分にある

家族不和も人間関係がうまくいかないのも、その設定を選んだのは私

魂の自分は乗り越えられると思ったんだろうね、囚われていないから

ああ・・・失敗した!次のゲームにいきたいからこの人生は捨てると

死んだように残り時間を無為に過ごすと自己罰金がつくらしく

次の人生設定に自分で制限をつけるらしいわ

まあなんというか、今の時代に災害やら飢饉やら貧困や戦争、テロにもあわず

難民や人身売買被害者や病気にもならずに

好き勝手できて食べたくなくなったら平気で捨てて毎日お風呂に入れる人生は

あたりなんだよね、きっと。

ふぐ会席食べて~~なんなんだよ、このふぐ刺し~~と文句たれてるんだから~~

どしゃぶりの中、御手洗池まで歩いたよ~~

とにかくさ、見物料金なしの自然見学が多いのよね

その分グルメにお金をかけているツアーなのよ~~~

はいっ!!

そしてさらにどしゃぶりの中バスを降りたら池があった

だが添乗員は更に奥へ奥へとぐちゃぐちゃ道を進んでいくので

目的の池は違うところなのかとついていけば・・・・・・・・

このため池が目的の蛇ヶ池ですと言いましたよーーーーーー!!!!

おまけに車窓からでも見えると言い放ったぜ!

その通りだった~~~~!!! 

台風の中、降りる必要なかった~~~~!!!

 

とにかくっ!

どれが美味しいのかわからないため買いあさった白エビ!!

真ん中のチョコっとなんばは罰ゲームのように辛い!危険なやつだった~~~

塩チョコは塩の粒がついてて美味しかったです

 

ホタルイカも買いあさった

あとこんなの買いました

こ~いうのも買いました

まあ総じて台風だったけど楽しかった

添乗員はいまいちだった

ご飯は美味しかった

エニアグラムのタイプ6の友達が怖かった

だって後ろのおじさんに聞こえるように「なにがたがたしてるんだろうね」

「迷惑だってわからないんでしょうね」とか言うんだも~~ん

奥能登グルメ紀行3

聖域の岬です

入り口でヘルメットを渡されアトラクション的なところでした

まず空中に張り出した橋???で写真をとってみます

それから展望台に上がりますが階段が狭くて降りてくる人と共用なので危険

 日本の青の洞窟ということで期待しながら、長い下り坂を下がっていきます

え~~~・・・・

青でライトアップされているだけであった

白い丸石がばらまかれていて、拾った石を岬の水で願い事をしながら洗うとかなう。

そのふれこみで石を20個まで持ち帰ることができるというので

 おばちゃんたちは限界まで拾っていましたね

しかしそのあと、長い上り坂なので心臓破りであります

石重いだろー

 

時間が余ったということで須須神社へ寄りました

須須の山車をみせてもらいました

山車はもともと先祖を祀るためお墓に備えるものらしく

近所であっちより大きいものを!と競っていった結果でかくなったそう

でも倉庫に納めることになったので入る大きさが決まり競争はなくなったそう

 でも組み立て方式にすればいくらでもでかくできそうだけど。

 須須神社は手付かずの森で、原始の森の姿が保たれています

狛犬も苔の素敵な装束姿

 いつも何を祈ればいいのかわからなくなるので

 この地域を守ってくれてありがとうとだけ祈っております

案内人同行なので説明が楽しいです

それ以外では、今回の添乗員さんはアイパットを使ってあるある説明してましたから。

実は正規の添乗員と雇われ(バイト)添乗員がいるんですよ

まあどちらも責任感は個人資質ですけどね

ロッコ行った時の雇われ添乗員がひどかったことを思い出します

ロッコはじめてだそうで、ラマダン中の現地ガイドに責任なすりまくり

旅行慣れしている団塊世代以上に突っ込まれまくって

帰りの飛行機でお客が通路で倒れても知らんふり(他のツアー添乗員が対応した)

成田に着いたら挨拶せずに去っていきました

デイナーは古民家レストラン典座でのフレンチコースです

 素敵なところですね~~

焼き野菜が味がこくて美味しかったです

須須の塩でいただきます

能登牛ステーキも須須の塩で食べるのが抜群に美味しいですね

自家製パンもいい感じ

おじさまたちにはちょっと物足りない感じでしたが・・・・・・

デザートのパンナコッタも最高!

添乗員が食事が終わったら待っているようにということでしたが

雨の庭で待つのは大変ですよ~~

道は1本道だしみんなバスに向かって歩き出しています

添乗員はまたみんなが集合場所を守らないと愚痴ってましたが

君が店からでてくるのが最後のほうだからじゃね?

 

見附島ライトアップ鑑賞に向かいます

 早すぎてライトアップ映えませんな

 ライトアップも街灯が照らしているような感じでロマンがないわ

唯一の癒しのみつけたろう

 

                     グルメ紀行4につづく

奥能登グルメ紀行2

ロイヤルホテル能登の朝バイキング

おかゆがあればよかったのだけど、代わりにお茶漬けがありました

車麩の唐揚げと卵とじ、甘エビ焼きが美味しかったです

輪島の朝市に行きました

各露店で宅急便対応してくれますが中日なので何も買いませんでした

自家製とお土産屋さんで売っている製品を売ってるおばさんが多かったかな

トイレのある普通のお土産屋さんでお土産購入しました

石川県は白エビかホタルイカ製品ばかりですね

牡蠣を選んでガンガン焼きを1個ずついただきました

おばちゃんははずれかあたりがあると言ってたが

どっちだったのだろう?

小路地を入ったカフェSKIでひと休み~~

いい感じのお店でした

棚田を見にいきましたが雨なのでいまいちでした

能登屈指のパワースポットらしい福ヶ穴に行きました

遠くに天窓の岩が見えます

手彫りなのかな?

入り口は広いですが中は狭く天井が低かったりしています

おまけに真っ暗で道はでこぼこ、携帯のライトでも暗いので気を付けてください

 

奥に不動明王が2体安置されていますが、暗すぎて見えません

垂水の滝そばの庄屋の館でお刺身定食をいただきました

アマゴ?熱帯魚みたいなオレンジと茶色の縞がある小魚の唐揚げが美味しかった

黄色の器は鯖缶みたいな味でした

フキの煮物もいい感じ

お刺身はいろんな種類で、飾りの野菜もいろいろ使ってあって美味しかったです

かなりの腕前ですな!

雨なので垂水の滝は遠くから眺めました

先端が赤い多肉植物がいっぱい生えてて、採取してきました

たおちゃんの朝ドラのまれっは見たことないですが

日本で唯一の揚浜式塩法のすず塩田村に行きました

海の近くにこのような砂場をつくり、海水を毎日撒いて乾いたら砂を集めて

水で漉して窯で炊くようです

ここは道の駅になっているので駅長さんが海水まきを実演してくれました

このような大きな鍋?で塩を炊いたそう

塩の博物館もあります

塩レモンより塩サイダーが美味しいですよ

 

車窓からみたゴジラ岩はとっても小さいです

禄剛崎灯台へ行きましたが、たどり着くのに心臓破りの坂でしたよ・・・・・

めちゃ疲れました・・・・・・

中心ていうのは嘘だそうです

案内のおじさんに連れられてみんな奥まで行きましたが

私は引き返しました

だってすごく疲れたんだもん