六華 銀花 SAKURA舞う 3

旅行記、時々不思議なお話

奥能登グルメ紀行4

連泊ホテルの朝食ブッフェメニューは同じなので

1日目に美味しかったものだけをチョイスしました

3日間で一番ひどい雨でした

能登金剛遊覧船クルーズですが、まさかの漁船・・・・?

運転するおじさまがかっこよかったです

出発するで~~~~!!!

 一番の見どころの巌門です

もっと小舟でないと岩をくぐれないそう

船着き場に戻ってから、徒歩で巌門の裏側に降ります

 雨の中でも素敵な景色

振り返ると降りてきた階段がみえますが、足が悪い人は大変ですね 

ここからまた階段で上に戻ります

 今度はヤセの断崖に向かいます

下を覗くとやせる思いをするからではなくて、土地がやせているからだと

地元の方が言っていました

松本清張ゼロの焦点の撮影場所でも有名です

ゼロの焦点はまさかの主人公の投身自殺で終わるそう

その映画が公開された年は18人がここから飛び降りているんだって

 

自殺防止の看板とかベンチとかあるらしいが見かけなかった

大体死んでも魂がほんとの私なんだから体がなくなるだけ

今までのことも忘れることなく意識だけでとどまり何十年もそのままで

苦しむことになるので、生きて時間が過ぎることを(卒業とか)待つか

環境を変える(逃げるのもありだよ)ほうが幸せです

だってどうせいつかは死ぬんだから

一番は死ぬ勇気があるなら、生き続けて仕返しとか復讐したほうがええ

ひとつひとつの人生は魂のバーチャルゲームみたいなもの

映画館で人生が映画で見ているのが魂

スクリーンの自分はほんとの自分ではなくて見ている魂がほんとの自分

でもほんとうは映画館をでた外から見ている自分がほんとの自分なんだけど

ひとつひとつの映画の悲しみや苦しみに執着して同一化していると

ほんとうの自分を見失って悪霊と同じ

何十年、何百年とその時間の感情にとらわれ続け地獄となる

牢獄からの脱出は俯瞰を身に着けることなのかな

 

今度は義経の船隠しに向かいます

 

義経一行は東北方面に逃げる前にわざわざ能登までやってきます
平家で島流しにした貴族の娘が側室だったので実家へ送り届けるために。
その平家の貴族が力があるので逃げやすいように一筆いただきにきたとも言ってました台風を避けるためだとか追ってから身を隠すためだとかで
船を潜めるために逃げ込んだ場所伝説が能登のあちこちにあるそう

 

 

 

船で海を越えて逃げるということは支援者が沢山いたんだなと思います
弁慶と2人だけで逃げたわけではないのですね~

頼朝と義経はどちらが魂的におもしろかったのだろうか

 今の人生は魂の自分が選んだキャラなので

何があっても責任は自分にある

家族不和も人間関係がうまくいかないのも、その設定を選んだのは私

魂の自分は乗り越えられると思ったんだろうね、囚われていないから

ああ・・・失敗した!次のゲームにいきたいからこの人生は捨てると

死んだように残り時間を無為に過ごすと自己罰金がつくらしく

次の人生設定に自分で制限をつけるらしいわ

まあなんというか、今の時代に災害やら飢饉やら貧困や戦争、テロにもあわず

難民や人身売買被害者や病気にもならずに

好き勝手できて食べたくなくなったら平気で捨てて毎日お風呂に入れる人生は

あたりなんだよね、きっと。

ふぐ会席食べて~~なんなんだよ、このふぐ刺し~~と文句たれてるんだから~~

どしゃぶりの中、御手洗池まで歩いたよ~~

とにかくさ、見物料金なしの自然見学が多いのよね

その分グルメにお金をかけているツアーなのよ~~~

はいっ!!

そしてさらにどしゃぶりの中バスを降りたら池があった

だが添乗員は更に奥へ奥へとぐちゃぐちゃ道を進んでいくので

目的の池は違うところなのかとついていけば・・・・・・・・

このため池が目的の蛇ヶ池ですと言いましたよーーーーーー!!!!

おまけに車窓からでも見えると言い放ったぜ!

その通りだった~~~~!!! 

台風の中、降りる必要なかった~~~~!!!

 

とにかくっ!

どれが美味しいのかわからないため買いあさった白エビ!!

真ん中のチョコっとなんばは罰ゲームのように辛い!危険なやつだった~~~

塩チョコは塩の粒がついてて美味しかったです

 

ホタルイカも買いあさった

あとこんなの買いました

こ~いうのも買いました

まあ総じて台風だったけど楽しかった

添乗員はいまいちだった

ご飯は美味しかった

エニアグラムのタイプ6の友達が怖かった

だって後ろのおじさんに聞こえるように「なにがたがたしてるんだろうね」

「迷惑だってわからないんでしょうね」とか言うんだも~~ん

奥能登グルメ紀行3

聖域の岬です

入り口でヘルメットを渡されアトラクション的なところでした

まず空中に張り出した橋???で写真をとってみます

それから展望台に上がりますが階段が狭くて降りてくる人と共用なので危険

 日本の青の洞窟ということで期待しながら、長い下り坂を下がっていきます

え~~~・・・・

青でライトアップされているだけであった

白い丸石がばらまかれていて、拾った石を岬の水で願い事をしながら洗うとかなう。

そのふれこみで石を20個まで持ち帰ることができるというので

 おばちゃんたちは限界まで拾っていましたね

しかしそのあと、長い上り坂なので心臓破りであります

石重いだろー

 

時間が余ったということで須須神社へ寄りました

須須の山車をみせてもらいました

山車はもともと先祖を祀るためお墓に備えるものらしく

近所であっちより大きいものを!と競っていった結果でかくなったそう

でも倉庫に納めることになったので入る大きさが決まり競争はなくなったそう

 でも組み立て方式にすればいくらでもでかくできそうだけど。

 須須神社は手付かずの森で、原始の森の姿が保たれています

狛犬も苔の素敵な装束姿

 いつも何を祈ればいいのかわからなくなるので

 この地域を守ってくれてありがとうとだけ祈っております

案内人同行なので説明が楽しいです

それ以外では、今回の添乗員さんはアイパットを使ってあるある説明してましたから。

実は正規の添乗員と雇われ(バイト)添乗員がいるんですよ

まあどちらも責任感は個人資質ですけどね

ロッコ行った時の雇われ添乗員がひどかったことを思い出します

ロッコはじめてだそうで、ラマダン中の現地ガイドに責任なすりまくり

旅行慣れしている団塊世代以上に突っ込まれまくって

帰りの飛行機でお客が通路で倒れても知らんふり(他のツアー添乗員が対応した)

成田に着いたら挨拶せずに去っていきました

デイナーは古民家レストラン典座でのフレンチコースです

 素敵なところですね~~

焼き野菜が味がこくて美味しかったです

須須の塩でいただきます

能登牛ステーキも須須の塩で食べるのが抜群に美味しいですね

自家製パンもいい感じ

おじさまたちにはちょっと物足りない感じでしたが・・・・・・

デザートのパンナコッタも最高!

添乗員が食事が終わったら待っているようにということでしたが

雨の庭で待つのは大変ですよ~~

道は1本道だしみんなバスに向かって歩き出しています

添乗員はまたみんなが集合場所を守らないと愚痴ってましたが

君が店からでてくるのが最後のほうだからじゃね?

 

見附島ライトアップ鑑賞に向かいます

 早すぎてライトアップ映えませんな

 ライトアップも街灯が照らしているような感じでロマンがないわ

唯一の癒しのみつけたろう

 

                     グルメ紀行4につづく

奥能登グルメ紀行2

ロイヤルホテル能登の朝バイキング

おかゆがあればよかったのだけど、代わりにお茶漬けがありました

車麩の唐揚げと卵とじ、甘エビ焼きが美味しかったです

輪島の朝市に行きました

各露店で宅急便対応してくれますが中日なので何も買いませんでした

自家製とお土産屋さんで売っている製品を売ってるおばさんが多かったかな

トイレのある普通のお土産屋さんでお土産購入しました

石川県は白エビかホタルイカ製品ばかりですね

牡蠣を選んでガンガン焼きを1個ずついただきました

おばちゃんははずれかあたりがあると言ってたが

どっちだったのだろう?

小路地を入ったカフェSKIでひと休み~~

いい感じのお店でした

棚田を見にいきましたが雨なのでいまいちでした

能登屈指のパワースポットらしい福ヶ穴に行きました

遠くに天窓の岩が見えます

手彫りなのかな?

入り口は広いですが中は狭く天井が低かったりしています

おまけに真っ暗で道はでこぼこ、携帯のライトでも暗いので気を付けてください

 

奥に不動明王が2体安置されていますが、暗すぎて見えません

垂水の滝そばの庄屋の館でお刺身定食をいただきました

アマゴ?熱帯魚みたいなオレンジと茶色の縞がある小魚の唐揚げが美味しかった

黄色の器は鯖缶みたいな味でした

フキの煮物もいい感じ

お刺身はいろんな種類で、飾りの野菜もいろいろ使ってあって美味しかったです

かなりの腕前ですな!

雨なので垂水の滝は遠くから眺めました

先端が赤い多肉植物がいっぱい生えてて、採取してきました

たおちゃんの朝ドラのまれっは見たことないですが

日本で唯一の揚浜式塩法のすず塩田村に行きました

海の近くにこのような砂場をつくり、海水を毎日撒いて乾いたら砂を集めて

水で漉して窯で炊くようです

ここは道の駅になっているので駅長さんが海水まきを実演してくれました

このような大きな鍋?で塩を炊いたそう

塩の博物館もあります

塩レモンより塩サイダーが美味しいですよ

 

車窓からみたゴジラ岩はとっても小さいです

禄剛崎灯台へ行きましたが、たどり着くのに心臓破りの坂でしたよ・・・・・

めちゃ疲れました・・・・・・

中心ていうのは嘘だそうです

案内のおじさんに連れられてみんな奥まで行きましたが

私は引き返しました

だってすごく疲れたんだもん

 

 

奥能登ぐるめ紀行

台風の中、新幹線で奥能登へ行ってきました

バスに乗り換えてツアーで出発

まずはランチをいただきます

私は10種の海鮮丼です

こっちのお醤油は甘めですね

友達は白えび丼です

でも海鮮丼の真ん中にも白えび乗ってたよ

雨晴海岸ですが、雨ぱらぱら降っているので道の駅から見ました

弁慶が持ち上げた大岩があるそうです

しかしこちらはあれですな~~

観光名所に必ず小さな道の駅がありまして、商売がうまいですな~~

 

青林寺です

天皇陛下が泊まるためにつくられた宿泊所は全国に4カ所だけだそうです

贅をつくして建てられましたが

天皇陛下は食事をしてお風呂に入っただけで泊まらなかったそうです

この部屋の中央に玉座を置いて、この地方のお偉いさんらのご挨拶を受けたそう

天皇陛下が使われた座布団は絹でできているので

何十年たっても絹は朽ちないそうです

天井も見どころのひとつ

木のめ模様が虎の模様にみえます

ここから撮るのがベストだと教えられ、テーブルの上に携帯を置いてパチリ!

なるほど~~

テーブルにも景色が逆さに写ってきれいですね~~

お寺の階段を降りたところのトイレがある公園集合って言ったのに!と

バスを降りたところへ行ってしまった多数のツアー客に愚痴る添乗員・・・

仕方がないからまたそこにバスを回してもらいますとのこと

半分以上行ってしまったってことは案内が足りなかったんじゃないのかな~

それに皆がいなくなった最後にテーブルに置いて写真を撮りまくってたじゃん

添乗員はやっぱり先に集合場所にいかないとね・・・・・

インスタ映えを狙っている場合じゃない

それに集合場所を間違った人が集合時間を過ぎてるよって言ってたけど

間違ったのはそちらですとちゃんと言ってほしかったな

和倉温泉駅から能登中島駅までの15分間、のと鉄道に乗車します

贅を尽くした貸し切り客車に乗車です

2両編成で2両目は普通の一般車両でした

のとなかじまで下車して、日本に2台?しかない昔使っていた

郵便車両を見学します

かわいいキャラグッズが売られていて手を出しそうになったわ

あとよくわからない中島名物?キャラがいました

連泊するのはロイヤルホテル能登です

能登方面の茶碗蒸しはしょっぱめですね

八目というお魚の煮つけ

のどぐろ寿司は味付き昆布が乗っていてそのまま食べれます

能登豚陶板焼き

もみじとか飾りの葉っぱは出荷しているものを使用するときは

やっぱり洗って使いまわすのかな? 飾りだしね

令和元年サクランボ狩り

群馬へさくらんぼ狩りに行ってきました

この農園は狩るだけで販売はしていません

品種は佐藤錦ですごく大きくて甘かったです

ミニトマトみたい

ランチは上州牛ローストビーフと本ずわいがにカニ飯でしたが

いまいちでした

沼田でお買い物をしましたが、友達が買ったいろいろな品種がごちゃまぜの

特売品さくらんぼは腐っていたそう

私は2000円の佐藤錦を買いましたが美味しかったです

それから誉国光の酒造見学をしました

フルーティで飲みやすいお酒でした

 

なまゆばすくい体験と食べ放題はとてもよかったです

創作豆腐やこんにゃく、ポテトサラダをおからで代用したサラダや

揚げ湯葉などが食べ放題

揚げ湯葉がとても美味しかった~~

湯葉作りも美味しくて楽しかった!!

湯葉で銀杏とゆり根を包んで揚げた製品を買って

甘じょっぱく煮て食べると絶品です!!

店主の友達が販売するラスクも美味しいよ

食べてばかりなので吹割の滝でお散歩します

見ていると吸い込まれそう・・・・・・

おみやげです

画像が横になってしまいましたが

一番下のこうじの化粧品トライアルセットは酒蔵で買いました

おからは生湯葉処で買い物するとただでくれます

おからのポテトサラダもどきは、おからを解凍してから

ニンジンやキュウリなどの野菜と豆乳とマヨネーズであえるそうです

令和元年びわ食べ放題

今年もいつものビワ狩りに行ってきました

ビワ狩りといっても採ってある枇杷を食べまくるだけですが。

燈籠坂トンネルです

抜けて登っていくと神社?お寺??があります

記憶があるのは変わったアジサイばかりで綺麗だったことだけ

あと天国へ・・・・・ってやつね

とてもきれいなところでした

 

冨浦でびわ食べ放題です

びわはテーブル3列に3カゴずつ置いてあって、カゴごとに味が違う気がしました

おばちゃんが枇杷を選ぶのに触りまくりで

エニアグラムタイプ6の友達の怒りがさく裂していました

私はおばちゃんと違うカゴのビワを食べておりました

「また触りましたよ」と仲間に言いながら

それを聞こえるように言うところがタイプ6の怖いとこですな

おばちゃんに怒りながらおばちゃんと同じ目の前の籠を共用する律義さ

その横で食べ放題なんだからと甘い枇杷を求めて徘徊する私であった

前にも行った養蜂やさん

養蜂の様子を公開し、日本でとれた蜂蜜を販売しているのはうちだけってのが売り

あとはちみつ王子が実演しているっていうのがふれこみです

うん年前に実演してくれためがね男子(王子とはよべねえ)が偉くなってたわ

巣箱でっす!

百花はちみつは百の花という意味ではなく、2つ以上の花の蜜なんだって。

外国のはちみつを混ぜているまがいものが多いそうです

今回は百花とそばと桜のはちみつを蜂蜜大男(王子じゃない)が

焼いてくれる(あっためただけか?)ワッフルで試食しました

海を眺めて、海ほたるで休憩して帰ってきました

お土産では桜のはちみつと、新種のℚピーナッツが美味しかったです

あと真竹と稲穂のきらめきかな~~

 

鎌倉文月 

これは去年のお話です。

マイクロソフトの385の期限が切れたらフォト制限されて

のっけられなかったもので~~す

最近デジカメを買う人がいないということで、やっぱり携帯ですかね・・・・

しかし携帯もすぐ充電が切れちゃうしな~~~

とりあえず去年のお話なのでランチをどこでとったのかを忘れました

多分江の島駅の近くかな?海鮮ひつまぶしを食べた気がします

f:id:jupiter-makiron12:20190625181124j:plain

駅から江の島は遠いので友達がバスで行きたいと言ったけれど

バス停がわからず結局歩いていきました

そして疲れてしまったので近くの喫茶店に入ったらしい・・・

f:id:jupiter-makiron12:20190625181626j:plain

それから江の島入り口付近にある恵比寿屋を探してうろうろし・・・

正面玄関をみつけてチェックインしました

f:id:jupiter-makiron12:20190625181745j:plain

見晴らしがいいお部屋で考えることは

f:id:jupiter-makiron12:20190625182058j:plain

明日は必ずこのバスで駅まで帰ってやる~~~!!

でした・・・・・・・・

f:id:jupiter-makiron12:20190625182134j:plain

江の島では、いつも並んでいて躊躇していたイカ焼きを食べれました

f:id:jupiter-makiron12:20190625175648j:plain

もちろんエスカーでお参りですよ~

f:id:jupiter-makiron12:20190625180018j:plain

f:id:jupiter-makiron12:20190625180107j:plain

でも3姉妹神社の長女様の宮までは階段でいかねばならないので

やっぱり疲れました

f:id:jupiter-makiron12:20190625182431j:plain

江の島ねこちゃんにも遭遇しました

f:id:jupiter-makiron12:20190625182534j:plain

f:id:jupiter-makiron12:20190625182601j:plain

景色を楽しみつつ、階段を上り下りしてお散歩でお腹をすかせました

f:id:jupiter-makiron12:20190625182751j:plain

f:id:jupiter-makiron12:20190625182826j:plain

f:id:jupiter-makiron12:20190625182904j:plain

老舗旅館の恵比寿屋さんは美味しいお料理で有名なんです!!!

お腹を十分に空にしたかいがありました

このお刺身の新鮮でおいしいこと!!見た目もきれい!!!

f:id:jupiter-makiron12:20190625183148j:plain

f:id:jupiter-makiron12:20190625183234j:plain

先付は手前が蚕豆抹茶寄せ

右からくらげ山葵 焼霜鰆昆布まき 鰻 合鴨銀杏 ほおずき枇杷玉子

それからサザエのつぼ焼き

f:id:jupiter-makiron12:20190625183804j:plain

次は湯引きはもと冬瓜、魚そうめんです

f:id:jupiter-makiron12:20190625183921j:plain

揚げ物はアナゴとミニアスパラと豆乳もろこし揚げ

右はサトイモエビ饅頭

手前は太刀魚レモン焼きとキウイ甘酒寄せ

f:id:jupiter-makiron12:20190625184129j:plain

和牛ステーキも美味しかった~~

f:id:jupiter-makiron12:20190625184518j:plain

蒸し鶏翡翠茄子、きゅうり、ミョウガ胡麻

f:id:jupiter-makiron12:20190625184547j:plain

トマトご飯!!

蟹折丈とじゅんさいのお吸い物

f:id:jupiter-makiron12:20190625184611j:plain

お吸い物に昆布の細工がすごかった!!!

f:id:jupiter-makiron12:20190625184634j:plain

デザートも手抜きなく、枇杷水まんじゅうとわらび餅でーす

f:id:jupiter-makiron12:20190625184657j:plain

朝ごはんもとっても美味しかったです

f:id:jupiter-makiron12:20190625184734j:plain

f:id:jupiter-makiron12:20190625184758j:plain

朝からイカ刺し   あじの干物

f:id:jupiter-makiron12:20190625184819j:plain

それからバスで江の島駅まで戻りましたが・・・・・・

降り口から駅までさまよいました~~

とりあえず長谷寺に行きました

f:id:jupiter-makiron12:20190625184843j:plain

f:id:jupiter-makiron12:20190625184908j:plain

f:id:jupiter-makiron12:20190625184939j:plain

それからお土産を探して徘徊

クルミっ子がお買い得切れ端もゲットしましてよかったです

f:id:jupiter-makiron12:20190625185005j:plain

f:id:jupiter-makiron12:20190625185027j:plain

洗顔用のこんにゃくを買いましたが、あれってぬれたままだと

ぼろぼろカスが落ちてだめでした・・・・・